ニュースまとログリー

“ 話題のニュースとコメントまとめブログ ”

ホットニュースランキング

    >【衝撃】「うつ病」は薬を売るための病名だった!? 投薬のほとんどが無意味だと医者は知っている

    png-large


    この記事を
    要約すると

    • 1999年を境に急増した「うつ病患者」だが
    • 96年には43万人だった「うつ病患者」がわずか12年で100万人を超えた
    • 実は投薬のほとんどが無意味だと医者は知っているらしい

    『心の風邪』なんて病気は存在しなかった!?

    「うつ病」は薬を売るための病名だった!? 実は投薬のほとんどが無意味だと医者は知っている
    「薬漬け社会」のタブーを斬る


    「うつ病の人は'99年を境に急増しました。同年に抗うつ薬のSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害剤)のルボックス(デプロメール)が認可されたのがきっかけです。

    製薬業界はSSRIを売るために、うつ病啓発キャンペーンを大々的に展開しました。
    『うつ病は心の風邪』という言葉が流行して、本来は病気とは言えないような人もうつ病と認定されることになり、薬を処方されるようになったのです」

    こう語るのは名古屋フォレストクリニック院長の河野和彦氏。

    実際、下のグラフを見ればわかるように、'96年には43万人程度だった日本のうつ病患者は、
    わずか12年のうちに100万人を超えるようになった。

    また同時期に、地方公務員や公立学校職員などの公務員の「メンタル休職率」も急増している。
    地方公務員のメンタル休職率は'98年に0・3%程度だったのが、'06年には1%近く、つまり3倍にも増えているのだ。

    続き 現代ビジネス 全3ページ
    http://gendai.ismedia.jp/articles/-/48911

    以下、2chの反応

    14名無しさん@おーぷん ID: JuU

    知ってた速報




    2名無しさん@おーぷん ID: Imr

    鬱病に必要なのは
    鬱病になった環境からの避難と心のリハビリです。

    薬品漬けにして心をぼんやりさせるのは
    回復の見込みがない行動的なキチガイだけにしてください。




    3名無しさん@おーぷん ID: Z3f

    いや、薬の効果はあるよ
    確かに売りたいのは本当だろう
    不景気などもあって鬱病は増えている
    需要と供給の問題だ
    でも貴重な保険料を投じるかとなると別問題だ自費にするべき




    4名無しさん@おーぷん ID: iZT

    知ってた。というか、常識。
    アメリカでプロザックが大流行したとき、すでに言われてた。
    投薬事情は日本の方がマシで、自己啓発的に使われてないのが
    救いっちゃあ救い。アメリカはひどすぎる。




    5名無しさん@おーぷん ID: T4F

    鬱病で生ポの知人が居たが

    薬で改善することもなく引きこもってブクブク巨大化の一途を辿った




    7名無しさん@おーぷん ID: vFG

    >>5
    負のスパイラルだな
    麻薬浸けと変わらんな




    6名無しさん@おーぷん ID: 0xc

    知ってた子供にまで売りつける悪徳商売




    8名無しさん@おーぷん ID: 9GE

    鬱病なんてさ、宝くじで一億円とか当たれば一発で吹っ飛んじゃうよ
    薬が全然効かないとは言わないけど、一番必要なのは環境や家族関係の調整よ




    9名無しさん@おーぷん ID: J0M

    でも”逃げるためのモノ”は必要だと思うよ

    心の支えとまでは言わないけれど、弱った時に頼れるモノがあっていいと思う




    10名無しさん@おーぷん ID: vFG

    >>9
    それが何故か体に悪いものばかりってのがなぁ
    カルトとかも




    16名無しさん@おーぷん ID: LmG

    >>10
    ああ、密接に関係あるらしいね・・・




    11名無しさん@おーぷん ID: g8Q

    どこかの記事で薬が効く人は4割くらいしか居ないって書いてた




    12名無しさん@おーぷん ID: Uof








    13警備員◆ ID: 7dd

    俺の同僚にうつ病の奴がいたけどどうしょうも無かった…




    15名無しさん@おーぷん ID: 9GE

    大学の時に同級生で片思いから鬱病になった奴いたなあ
    かなり強い薬を飲んで一日中寝たままでたまに目覚めると牛乳ひとパック一気のみしてまた寝たとか
    二週間くらい大学に来なかったが、片思いで鬱病になるものかと思ったよ




    19名無しさん@おーぷん ID: aUR

    何かと言うと「鬱になってぇ~」、と約束破りなど自分のだらしなさの免罪符にしている人がいる
    仕事も要領が悪く捗らない




    20ケサランパサラン◆ ID: SFk

    >>19
    仕事内容を小分けにして、人数増やせばなんとかなるケースは多々ありますが
    最低賃金のハードル上げすぎたり、雇用条件が厳しすぎて
    コストが見合うだけの仕事のために、「一人」が処理しなければならない内容が大きくなってたりするのですよね

    「出来ない子ちゃん」の行き場がなくなってはいる




    21名無しさん@おーぷん ID: TqS

    >>20
    出来ない子というか普通の人だな




    22名無しさん@おーぷん ID: rx4

    病気を創るのが精神科だからな
    これほど詐欺と呼んでも支障の無い医療利権もあるまい

    一方で収容が必要なレベルのキチガイは
    どんどん社会に放逐だ




    23名無しさん@おーぷん ID: NMq

    認知症の何割かも投薬止めたら改善するって話もあったな




    24名無しさん@おーぷん ID: mwC

    うーん?自分は薬効いたのだが、症状は目が覚めると頭の中とは別に体が自殺しようとする、やべーおかしいと、薬飲んだら3か月で治まった、薬はまだ飲んでるが、仕事は普通に出来てると思っている。




    43名無しさん@おーぷん ID: uZS

    若いうちは勉強して正しいことをしようとするけど
    開院したりして金が主体になると同じような愚行に走るのは何十年も前からお約束




    47名無しさん@おーぷん ID: 9PZ

    日本ですぐ「気の持ちよう」とか言うのは心の風邪というアホな名前のせい
    心ってどこにあるの?




    48名無しさん@おーぷん ID: fHz

    >>47
    男の場合は大抵、両脚の間にぶら下がっている




    49名無しさん@おーぷん ID: q3Q

    向精神薬は脳へ作用する薬だというのは事実なんで
    心療の分野では心は脳の作用と考える人は多そうだ




    50名無しさん@おーぷん ID: 9PZ

    そう、心といった曖昧な言葉でなくはっきりと「脳」と言うと、物事が深刻に見える




    引用元: 【週刊現代】「うつ病」は薬を売るための病名だった!? 実は投薬のほとんどが無意味だと医者は知っている [H28/6/19]

    うつ病のプロフィール

    30031

    うつ病(うつびょう、鬱病、欝病、英語: Clinical Depression)は、気分障害の一種であり、抑うつ気分、意欲・興味・精神活動の低下、焦燥(しょうそう)、食欲低下、不眠、持続する悲しみ・不安などを特徴とした精神障害である。 『精神障害の診断と統計マニュアル』第5版 (DSM-5) には、うつ病の診断名と大うつ病性障害(英語: Major depressive disorder)が併記されており、この記事では主にこれらについて取り上げる。これは1日のほとんどや、ほぼ毎日、2、3週間は抑うつであり、さらに著しい機能の障害を引き起こすほど重症である場合である。1 - 2年続く死別の反応、経済破綻、重い病気への反応は理解可能な正常な反応である場合がある。 有病者数は世界で3.5億人ほどであり一般的であり、世界の障害調整生命年(DALY)において第3位(4.3%)に位置づけられる。しかし多くの国にて治療につながっておらず、先進国であろうと適切にうつ病と診断されていない事が多く、その一方ではうつ病と誤診されたために間違った抗うつ薬投与がなされている。WHOはうつ病の未治療率を56.3%と推定し(2004年)、mhGAPプログラムにて診療ガイドラインおよびクリニカルパスを公開している。

    https://ja.wikipedia.org/wiki/うつ病

    管理人の
    コメント

    えーまじか…
    病は気からって言うし適当言って本当に鬱になったらどうするんだろう
    お金儲けを考えてる人は他人がどうなろうが関係ないか…
    実際適当に鬱ですって診断しないと精神科医の方が鬱になったりしてね……